ミルクアップブレンド 飲むタイミング

ミルクアップブレンドの作り方から飲むタイミングまで!一日何杯?

 

  • 飲むタイミングっていつ?
  • 一日何杯まで飲んでいいの?
  • 作り置きはして大丈夫?
  • いつから、いつまで飲んでいい?

 

ミルクアップブレンドを飲もうと思っていても、間違えた飲み方はしたくないですよね。

 

この記事では「ミルクアップブレンドの飲み方」について、詳しくまとめています。
基本的な作り方から飲んではいけないタイミングなど、理解できるようになりますよ。

 

 

ミルクアップブレンドの作り方

 

ミルクアップブレンドの作り方は簡単です。

 

  1. ティーパックを入れてお湯を注ぐ
  2. ハーブティーが出来るまで、3〜4分待つ
  3. ティーカップに注いで飲む

 

ティーパック1つに対して、約200〜500mlのお湯を入れます。
お湯の温度は98℃と書かれているので、沸騰させれば大丈夫ですね^^

 

お湯の量でハーブティーの濃さが変わるので、自分の好みで調節しましょう。

 

 

ディーパックを長い時間お湯につけているヌルヌルすることもあるみたい。

 

これは「フェヌグリーク」っていうハーブに含まれる粘液質のものらしいですよ。

 

飲んでも問題ないとのことなので、「何かヌルヌルするな!」と思っても安心して大丈夫です!


 

 

作り置きはしていいの?

 

作り置きすることは問題ないようです。
時間に余裕があるなら、飲むときにお湯を注いで作る方が自分好みの濃さに調節しやすいと思います^^

 

 

家事や育児をしていると、毎回作るのも大変ですよね・・・
実際に作り置きをして飲んでいるママさんも案外多いですよ^^


 

飲むタイミングは?

 

 

飲むタイミングは、朝よりも夕方から夜にかけて多めに飲まれているママさんが多いようですね。
実際に飲まれている人の口コミを調べていると、飲むタイミングは様々です。

 

@
朝は薄めで多めに作る
夕方は濃いめに作る(母乳量が不安になる)

A
1日1包夕方に作って飲んでいる

B
母乳量が減る夕方に備えて、毎日15時ごろに飲んでいる。

 

 

自分の母乳不足が気になるタイミングに合わせて、調節してみると良いかもしれませんね^^

 

悩んだことがあれば、「AMOMAの母乳なんでも相談室」で聞いてみるのもアリです!


 

 

漢方薬を飲んでいる場合

 

漢方薬を飲まれている場合は、時間をずらすか交互で飲むことが公式で推奨されています。

 

理由は「同時に飲むとバランスを崩す恐れがある」からです。
一緒に飲まないように気を付けるようにしてください。

 

時間をずらす場合、漢方薬を飲んでから1〜2時間は時間を空けて飲めば大丈夫のようです^^

 

 

ミルクアップブレンド飲んで、逆にバランスを崩しては逆効果ですよね。

 

漢方薬と併用するときには覚えておきましょう!


 

一日何杯まで飲んでいい?

 

一日何杯まで飲んでいいのか?
公式で推奨されている適量は「1日2〜3杯」となってますね!

 

はじめてミルクアップブレンドを飲むという場合・・・
いきなり適量から飲むのではなく、1日1杯からはじめましょう。

 

飲む量は、様子をみながら少しずつ増やしていくのが大切です。

 

 

いつから、いつまで飲んでいい?

 

 

ミルクアップブレンドはいつから、いつまで飲んでいいのか?


 

結論は

 

  • いつから:「産後」
  • いつまで:「卒乳2〜3週間前」

 

このように、AMOMAの公式サイト内の「よくあるご質問」に記載されています。

 

調べていた中で、注意したいことがありました。
それは「飲み始め」の時期ですね。

 

 

妊娠初期から妊娠中期にはミルクアップブレンドを飲んではいけません。
フェヌグリークというハーブが、妊娠初期から妊娠中期には飲めないハーブだからです。

 

 

ミルクアップブレンドを飲もうと思っているなら、飲み始める時期は大事なので覚えておきましょう。

 

「妊娠後期までは飲用を控えてください」と書かれているので、産後からが安心ですね!


 

卒乳の時期が近づいてきたら、飲む量を1日1杯に徐々に減らしていきましょう。
卒乳2〜3週間前には飲むのを止めると良いと公式で推奨されています。

 

 

まとめ

  • 作り置きしても問題ない
  • 母乳不足が気になるタイミングに飲む
  • 漢方薬と併用する場合は時間をずらすか交互に飲む
  • 飲み始めは産後から
  • 卒乳2〜3週間前にはストップする
  • 妊娠中に飲んではいけない

 

これからミルクアップブレンドを試そうと考えている方は、下記の記事をご覧ください。